カラーコーディネーター検定

花に関わる仕事をしている方の中には、「花束などを作っている」という方もいると思います。お客さんの希望に合わせた、花束を作るためには、花の知識も大切。しかし、それ以来にはデザイン性も大切となってくるでしょう。

 

では、花屋で生かすことの出来る、意外な資格のひとつ、カラーコーディネーター検定をご紹介しましょう。

 

カラーコーディネーター検定は、色に関する資格。「どうして、花に関係があるの?」と思われる方もいるでしょう。花束などを作る際には、様々な花を用いますよね。

 

花には、様々な色がありますから、花束を作る際には、この色の組合せも大切。そんな時、カラーコーディネーター検定を持っていれば、色の組み合せなどを学ぶことが出来るため、花屋でも生かすことが出来ますよ。

 

カラーコーディネーター検定を目指す際には、特に受験資格などはありません。3級から1級までの試験があり、それぞれ試験範囲が異なってきます。

 

試験日などは、東京商工会議所、検定試験情報などでチェックすることが出来ます。試験費用は、3級は5,100円。2級は、7,140円。1級は、9,180円となっています。気になる合格率は、3級は64パーセント。2級は、54パーセント。1級は、28パーセントとなっています。

 

「もっと、花束を上手に作りたい」と考えている方は、カラーコーディネーター検定を取得して、色を学んでみませんか。カラーコーディネーター検定を目指すことで、仕事だけではなく、普段のファッションなどにも生かすことが出来ますよ。