枝物の種類

花をアレンジしようとすると、様々な花を用いることになります。色々な花を取り入れることで、よりアレンジを楽しむことが出来ますからね。

 

しかし、花ばかりだと、バランスが取れなくなってしまうこともあります。そんな時には、枝物を取り入れると良いですよ。では、どういった枝物があるのか、ご紹介しましょう。

 

例えば、桜の枝。桜といえば、日本の代表的な花でもありますよね。春先になると、桜を楽しみにしている方も多いでしょう。

 

桜の枝は、春先の新しい出発などにも相応しい枝物となりますから、お祝いに送る際にも適しています。同じように、桃の枝も、春の代表的な花。桃の枝を取り入れることで、アレンジを上品に仕上げることが出来ますよ。

 

そして、野イチゴの枝。野イチゴの枝は、小さな枝がたくさんついていますから、アレンジに加えることで、魅力が倍増させることが出来ます。

 

ナチュラル感のあるアレンジをしたいという時にも、最適の枝物といえるでしょう。クリスマス時期には、野ばらの枝がおすすめ。クリスマスのリースを作る際にも、野ばらの枝を用いることで、素敵なリース作りが出来ますよ。

 

このように、花をアレンジする際には、枝物を取り入れてアレンジすることも可能となります。

 

桜の枝や桃の枝、野ばらの枝などを用いることで、季節感を出すことも出来ますから、アレンジに取り入れることで、より魅力のあるアレンジをすることが出来ますよ。それぞれのイメージで、様々な枝物を取り入れてみてくださいね。