フラワーデザイナー

花に関わる仕事がしたいと考え、通信教育やスクールなどに通って、花のことを学んでいる方もいると思います。好きなことに関する勉強は、とても楽しいものですよね。そんな方は、資格にチャレンジしてみませんか。

 

では、花に関する資格のひとつ、フラワーデザイナーをご紹介しましょう。フラワーデザイナーは、民間の資格となっており、3級から1級の試験があります。

 

学科試験、実技試験があり、それぞれに合格する必要があります。

 

フラワーデザイナーの試験の日程は、6カ月前に発表され、出題テーマなどは、試験の1カ月前に発表されることになります。「どういった、実技試験を行うのだろう?」と思っている方もいると思いますが、アレンジメントの試験、花束の試験、花嫁の花束の試験が行われることになります。

 

これは、普段学んでいることなどが、試されそうですね。試験日は、会場や受験級によっても異なりますので、事前に日本フラワーデザイナー協会に確認しておく必要があります。

 

ホームページからも、確認することが出来ますから、「チャレンジしてみたい」という方は、まずはホームページをチェックしてみましょう。気になる合格率は、3級は89パーセント。2級は、95パーセント。1級は、80パーセント程度となっています。

 

資格を取得することで、更に花に対する思いも変わってくるはず。仕事に生かす場合には、資格があることで、今まで以上に自信を持った接客が行えるようになりますよ。