葉物・実物を取り入れる

花束を作ろうとすると、様々な花を取り入れることになりますよね。「出来るだけ、豪華な花束にしよう」とすると、花ばかり入れてしまいがち。

 

しかし、花束をバランスよく作るためには、花だけではなく、葉物や実物などを入れることも大切ですよ。

 

では、花束を作る際の葉物、実物について、ご紹介しましょう。花束を作る際には、その季節に合わせた花束を作ることもあるでしょう。

 

ひなまつり、母の日、父の日、敬老の日、ハロウィン、クリスマス、お正月など、それぞれのイベントに合わせた花束を作ることが出来ます。その際、花だけではなく、葉物や実物を取り入れることで、バランスを取ることが出来ます。

 

花ばかりだと、豪華にはなりますが、色合いや大きさなどがバラバラになってしまい、統一感がなくなってしまいます。そんな時、葉物や実物を取り入れることで、花束の印象をグンと変えることが出来るようになります。

 

花だけの時と比べると、ゴージャス感はなくなりますが、とても落ち着いた印象になりますよ。葉物の場合には、季節問わず取り入れることが出来るものも多いですから、いつでも万能に利用することが出来ますよ。

 

実物の場合には、季節に合わせて取り入れることも出来ますから、季節感を楽しむことが出来ますよ。

 

このように、花屋で働く際には、花の知識だけではなく、葉物や実物などの知識も必要。葉物や実物も取り入れることが出来るようになれば、更に素敵な花束が作れるようになりますよ。