長持ちする方法

普段から、「部屋に、花を飾っている」という方も多いと思います。部屋の中に花があると、部屋の印象もパーッっと明るくなりますよね。しかし、切り花などは寿命がありますから、ずうっと楽しむことは出来ませんよね。

 

では、花を飾る際に、長い間楽しむことの出来る、花の種類をご紹介しましょう。

 

テッセンは、鮮やかな色を保つことの出来る花。テッセンを飾る際には、飾る際に根元5pくらいを砕くようにしましょう。そうすることで、更に水を吸収しやすくなり、花を長持ちさせることが出来ますよ。

 

アンスリュウムは、ちょっと高価な花ではありますが、その分長持ちさせやすい花。細菌に弱いので、水をこまめに変えることで、より長い間楽しむことが出来ますよ。

 

カラーも、長持ちする花。水切りをうまく行うことで、より長持ちさせることが出来ます。

 

飾る際には、茎を斜めにカットすると良いですよ。ストックは、明るい色を持続しやすい花。毎日、水替えをすること、茎を少し切り戻しすることで、長持ちさせることが出来ますよ。

 

ガーベラも、長持ちする花。飾る際には、水を少な目にすること、茎を少し切り戻しを行うこと、毎日水を変えることで、長持ちさせることが出来ます。

 

このように、花を楽しむ際には、花の種類によってより長い間花を楽しむことが出来ます。

 

それぞれ、長持ちさせる方法なども異なってきますから、こちらを参考に花選び、花の管理などを行ってみてくださいね。長持ちさせることが出来れば、気持ちも良いですよ。